紀要論文 交代制勤務に従事する女性の保育ニーズに対応した家庭支援のあり方に関する研究 -道後温泉地区の女性就労者を対象にした質問紙調査を通して-

桐木, 陽子*  ,  友川, 礼*  ,  高橋, 圭三**

48pp.74 - 99 , 2018-01-31 , 松山東雲短期大学研究論集委員会
ISSN:0389-8768
内容記述
本研究では、①交代制勤務で働く女性の保育ニーズの現況を明らかにし、②交代制勤務で働く女性の保育ニーズを充足していくための課題を検証するとともに、③多様な女性の働き方を支える保育サービスと家庭支援のあり方について検討することを目的とする。本研究では、愛媛県松山市の道後温泉地区の観光業等の交代制勤務に従事する女性を対象に託送調査法による自記式の質問紙調査を行った。質問紙調査の結果から、既存の保育施設では、早朝深夜の勤務、日曜祝日や盆暮れ正月等の就労時間に従事する女性の保育ニーズを充足していくことへの課題があることがわかった。 配偶者や祖父母等の家族の支援がない場合、既存の保育施設の開所時間に合わせた就労時間の勤務帯への転職、あるいは、退職などを余儀なくされ、ひいては、観光業における女性就労者の安定的な確保を困難にしている状況につながっていることがわかった。地域経済の中心を担う業種に従事する交代制勤務を伴う女性就労者が抱える課題及びその従業員に対する保育施設を通した家庭支援のあり方について論究した。
本文を読む

http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/bitstream/iyokan/5414/1/48-2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報