Departmental Bulletin Paper 制作活動が育む「幼児期の終わりまでに 育ってほしい姿」-「認定子ども園 星岡」における幼児の造形活動の記録から-

増本, 達彦

26pp.31 - 48 , 2018-01-31 , 松山東雲女子大学人文科学部紀要委員会
ISSN:2185-808X
Description
文部科学省は、幼児期の終わりまでに達成すべき10の姿を掲げ、幼児教育と小学校教育との接続の重要性について新たな視点を確立した。新しいガイドラインでは、各幼児の良さと可能性を評価する方法を維持しながら、すべての科目(音楽、芸術、家政学など)を「その他科目」1つの枠組みに統合するアイディアが示された。しかしながら、これらの科目は本質的に多様であり、それぞれが異なる特徴を持つ。したがって、学びの過程で幼児はそれらを異なる方法で経験することが望ましい。特に図画工作においては、幼児自身のつくりたい・あらわしたいという衝動を大事にすることが最も重要だと考えられる。育ってほしい姿の結果のみに焦点を当てることは、大切な過程をおろそかにすることになるのではないか。幼児の生活経験を生み出す造形活動は、子どもたちの成長を支え、新たに提示された10の目標の多くを完全に満たすことができる。本稿では、認定子ども園の園児が創作活動を通じて獲得できる能力や資質についての可能性を検討する。
The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology established new viewpoints on the importance of the connection between early childhood education and elementary school education, with focus on 10 goals that children should achieve by the end of childhood. While maintaining ways to evaluate the goodness and possibilities of each young child, the new guidelines integrate all subjects (including music, art (picture drawing), home economics, etc.) into one framework. However, these different subjects and are diverse in nature and require different skills. Thus, infants and young children experience them differently. It is most important to keep in mind the infants’ own motivation to do arts and crafts projects. A focus on production alone can be counterproductive. However, production activities that give infants actual experience may support the children’s growth and fully satisfy many of the newly presented 10 goals. This paper examines the potential that preschool children can acquire through creative activities in nursery school.
Full-Text

http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/bitstream/iyokan/5410/1/26-3.pdf

Number of accesses :  

Other information