紀要論文 福祉施策における里親委託の動態と実施主体の企図に関する考察

西川, 勝利

26pp.1 - 12 , 2018-01-31 , 松山東雲女子大学人文科学部紀要委員会
ISSN:2185-808X
内容記述
本稿は、家庭的養護を担う里親委託の動態を概観し、福祉施策の中で実施主体が、施設養護等と共に里親制度をいかなる企図の下に運営したかを検討した。里親委託は戦後、その需要から一時期的な浮揚が認められるが、その後1990年代に至るまで低迷する。しかしながら2000年代に入り里親制度は、社会的養 護体制に組み込まれ、その重要性、優先性が再認識される。里親委託率に関しては諸外国との比較ではなく、里親委託の慣習を持つ文化的背景や社会的状況に沿った体制で里親制度を運営、推進する必要がある。
This paper outlines the dynamics of entrusting foster parents with the responsibility for home care when implementing social welfare measures. Although the foster care system of Japan enjoyed popularity for a short period following World War II, it soon stagnated as a means of child welfare until re-emerging in the 1990s. In the 2000s, the government reconfirmed the importance and priority of the foster care system and incorporated it into the social nursing care system. Regarding the foster care consignment rate, without comparing it with foreign countries, the author feels it is necessary to take Japan’s cultural background and social circumstances into consideration to better promote the foster care system.
本文を読む

http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/bitstream/iyokan/5404/1/26-1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報