紀要論文 小学校教員養成段階におけるピアノ基礎技能習得の意義 - 学校現場において求められる音楽的資質能力の育成を目指して -

木村, 次宏  ,  篠原, 友里

内容記述
小学校の音楽授業実践の場において,ピアノ実技に関して不安を抱えている教員は少なくない。その一つの原因として,大学の教員養成段階で行われているピアノ基礎実技に関する講義・演習の内容が,必ずしも学校現場の音楽授業場面での活用を踏まえたものになっていないということが考えられる。本研究では,将来,小学校教員となる学生が教員養成段階においてピアノ実技の基礎技能を習得する意義について,文献資料や実態調査等を通して分析・検討を行った。今後,より実践的なレベルを意識しながら,学生がピアノ基礎技能習得の講義・演習に主体的に取り組むことができるように指導の改善を図ることが必要である。
本文を読む

http://libopac.fukuoka-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10780/2002/1/6-07-%e6%9c%a8%e6%9d%91%e8%ab%96%e6%96%87.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報