紀要論文 要支援者の認定状況の悪化に関連する要因の分析
The analysis of the factors worsening the certification of long-term care insurance.

新井, 武志

(10)  , pp.1 - 7 , 2017-03-31 , 目白大学
ISSN:1882-7047
NII書誌ID(NCID):AA1232537X
内容記述
《目的》本研究では、公的介護保険制度の要支援者の認定悪化につながる要因を検討した。《方法》対象は東京都内A自治体の要支援者478名とし、初回調査から次の認定までの追跡調査を実施した。認定が同じもしくは改善した群を「維持・改善群」、認定が悪化した群を「悪化群」とし、この2群について、介護保険の認定調査項目の差を単変量解析および多重ロジスティック回帰分析を用いて検討した。《結果》478名のうち、「悪化群」が215名(45.0%)、「維持・改善群」は263名(55.0%)であった。年齢、性別(男性)、認知症有り、筋力低下有り、視力の低下有り、栄養状態の悪化有りなどが悪化につながる要因として抽出された。《結論》要支援者はいわゆるフレイルの状態と考えられる対象であり、フレイルの一端である認知機能の低下や筋力低下(サルコペニア)や低栄養などが悪化につながる要因であることが本研究の結果からも明らかとなった。フレイルは可逆的な変化と考えられているため、重度化予防のためにフレイルの予防や改善が重要であることが示された。
Objective: The aim of this study was to examine the factors that affect the certification change of long-term care insurance.Methods: We investigated and followed the certification of long-term care insurance in 478 people who required some assistance in daily living. They were divided into two groups as “worse” and “another.” We compared the influences of some factors between the two groups by univariate and multivariate analyses.Results: Two hundred and fifteen people were categorized as “worse” and 263 as “another.” Age, gender, dementia, muscle weakness, low vision, and malnutrition were identified as aggravating factors.Conclusions: The subjects of this study were considered to be frail people. This study also revealed that the factors of frailty, such as malnutrition, were detrimental. The results of this study suggest that the prevention or treatment of frailty should be beneficial.
本文を読む

https://mejiro.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1201&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報