紀要論文 心理臨床におけるノンバーバル・コミュニケーションに関する研究動向
A review of the studies on non-verbal communication in psychotherapy and counseling

青柳, 宏亮  ,  沢崎, 達夫

(13)  , pp.23 - 34 , 2017-03-31 , 目白大学
ISSN:1349-7103
NII書誌ID(NCID):AA12059174
内容記述
心理療法やカウンセリングをはじめとする心理臨床において,ノンバーバル・コミュニケーションの重要性は学派を越えて広く認知されている。本研究では,心理臨床におけるノンバーバル・コミュニケーションに関する実証的研究を,①セラピストとクライエント間のノンバーバル・コミュニケーションを構成する各要素に着目し,それぞれの影響を検討する要素還元的アプローチ,②セラピストとクライエントの相互交流そのものを研究対象とするアプローチ,に大別して概観した上で,臨床理論的研究との関連を検討し,今後の研究課題について検討を行った。
It is generally acknowledged that nonverbal-communication plays an important role in psychotherapy and counseling. This article reviews non-verbal communication studies in terms of psychotherapy and counseling. Empirical studies can be categorized into two groups according to their orientation; one is “reductionism approach”, to focus on each of the elements that make up the non-verbal communication between a therapist and a client, to examine each of the impact. The other is “approach to study the interaction”, in which nonverbal interaction are considered as an unit of analysis. Empirical studies in both orientations are reviewed. Finding from these studies are discussed in relation to the concepts derived from descriptive studies of non-verbal communications.
本文を読む

https://mejiro.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報