Departmental Bulletin Paper 保育者養成校における子どもの歌の弾き歌いの重要性 - 指導法に関する一考察-
Importance of Playing Singing of Nursery Rhymes in Nursery Teacher Training School - Consideration about Teaching Methods -

近江, 秀崇  ,  岡本, 順子  ,  水口, 美樹  ,  水野, みか  ,  伊藤, 英子  ,  Hidetaka, Omi  ,  Junko, Okamoto  ,  Miki, Mizuguchi  ,  Mika, Mizuno  ,  Hideko, Ito  ,  中京学院大学短期大学部  ,  Chukyo Gakuin University Junior College

Description
日々の保育の現場では様々な歌が歌われている。歌われる歌の種類としては、毎日の基本的生活習慣を身につけるもの、四季の自然の美しさや生き物の存在を身近に感じるもの、園で行われる行事に向けて歌われるものなどが挙げられる。現代では、CD などの録音媒体を通して伴奏を流し子どもたちに歌わせることも可能だが、やはり保育者自身の手で、子どもたちが歌いやすいテンポや音量などに配慮した伴奏を心掛けることが大事である。また、保育者が奏でる生の音や歌声に触れながら、一緒に歌い音楽を共有することが、子どもの豊かな表現力や感性を育むことに結びつくと考える。しかし、ピアノの経験がない学生にとって、ピアノを弾きながら歌うという「弾き歌い」は、決して容易なものではない。保育者として現場に出る準備をする学生に、この「弾き歌い」の能力をつけるのが保育士養成校で音楽を教える教員の役割であることから、2年間の音楽の授業の指導法に関する考察や、教員間での情報交換に取り組んだ。また、筆者が昨年度に行った、東濃5市の保育施設において歌われている四季の歌に関する調査結果と、昨年度の学生の習得状況の比較を行ったところ、取り扱われる歌に関して、大学と保育施設の間で差があることも明らかになった。
Full-Text

https://chukyogakuin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=64&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

Number of accesses :  

Other information