紀要論文 チューリップ切り花における発散香気成分の分析と官能評価

岸本, 久太郎  ,  池川, 誠司  ,  山川, 美樹  ,  渡邉, 祐輔  ,  大久保, 直美

(2)  , pp.34 - 51 , 2018-03-26 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
ISSN:2432-7859
内容記述
21 品種・56 試験花のチューリップ切り花を用いて香気成分の解析結果と香りの官能評価結果の比較を行った.この内,12 品種において,消費者の 70% 以上が「香る」あるいは「よく香る」と肯定的に評価し得る香気成分発散量を算出した.これらの値は,各品種において香りの有無を判断するときの参考指標になると考えられる.被験者に好まれるチューリップの香りは,テルペノイドのリナロールあるいは β- イオノンの発散量と比率がともに高かった.一方,脂肪酸誘導体の (Z )-3- ヘキセノールの発散量が高いと,不快な匂いになると考えられる.チューリップの香りの描写には,「甘い」,「青臭い」, および「果物・フルーティー」の単語が最も多く用いられた.Fifty-six cut flowers from 21 different tulip cultivars were compared in an emitted scent analysis and a scent sensory evaluation. The amount of scent emission expected when over 70% of consumers evaluated the scents from the flower as ‘smell’ or ‘well smell’ was calculated for 12 of the 21 cultivars. These values could serve as reference indicators for judging the presence of scents in each cultivar. The preferred tulip scents contained large amounts and high ratios of linalool or β-ionone terpenoids. However, high emissions of (Z )-3-hexenol, a fatty acid derivative, seemed to cause an unpleasant odor. "Sweet," "green odor," and "fruit/fruity" were the words most often used to describe the scent produced by tulips.
本文を読む

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=265&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報