Departmental Bulletin Paper 青枯病,疫病およびネコブセンチュウ抵抗性を有する台木用トウガラシ品種‘ 台パワー Z ’ の育成経過とその特性

松永, 啓  ,  齊藤, 猛雄

(2)  , pp.1 - 15 , 2018-03-26 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
ISSN:2432-7859
Description
1)青枯病および疫病に対し強度抵抗性を持ち,ネコブセンチュウに対し抵抗性を持つ ‘ 台パワー Z’ を育成した.2)‘ 台パワー Z’ は,青枯病に中程度抵抗性を示す ‘ 京波 ’ と疫病抵抗性の AC2258 との交雑後代から青枯病および疫病抵抗性で選抜・固定した F8 系統を青枯病抵抗性の LS2341 に交雑し,その後代から青枯病および疫病抵抗性で選抜した F4 系統に ‘ 台パワー ’ 育成時に派生した F4 系統を交雑し,青枯病および疫病抵抗性で選抜・固定した CBP-1 を種子親とし,青枯病および疫病に対する抵抗性を持ち,トバモウイルス抵抗性遺伝子としてL3 を持つ ‘ 台パワー ’を花粉親とした F1 品種である.3)‘台パワーZ’ は‘ 台パワー’ より強い青枯病抵抗性,‘ 台パワー ’と同等の疫病およびネコブセンチュウ抵抗性を持ち,トバモウイルス抵抗性遺伝子としてL3 を持つ.また,台木として使用した場合の‘ 京鈴’ の収量は,‘ 台パワー ’を台木とした場合より多く,‘ 京鈴 ’の自根栽培と同等である.4)‘台パワー Z’ は,L3 を有するピーマンおよびカラーピーマン(パプリカ)品種などの青枯病,疫病およびネコブセンチュウの防除を目的とした接ぎ木栽培の台木用として利用できる.‘Dai-Power Z’, which contains the PMMoV-resistant L3 gene, was developed as a rootstock cultivar resistant to bacterial wilt, Phytophthora blight, and root-knot nematode at the Institute of Vegetable and Floriculture Science, NARO.‘Dai-Power Z’ is an F1 hybrid cross between the inbred line, CBP-1, and the rootstock cultivar, ‘Dai-Power’. Both CBP-1 and ‘Dai-Power’ are resistant to bacterial wilt and Phytophthora blight, and they possess the tobamovirus resistance gene L3. CBP-1 was selected as being resistant to bacterial wilt and Phytophthora blight after using ‘Kyonami’, ‘Mie Midori’, and LS2341 as breeding materials resistant to bacterial wilt, and AC2258 and SCM334 as breeding materials resistant to Phytophthora blight.The yields of scion cultivars grafted onto ‘Dai-Power Z’ were greater than those grafted onto ‘Dai-Power.’ Furthermore, they were similar to non-grafted scion cultivars.These results indicate that ‘Dai-Power Z’ can be made available as a new rootstock to protect Capsicum plants from bacterial wilt and Phytophthora blight.
Full-Text

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=262&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information