紀要論文 ケーンハーベスタを活用した飼料用サトウキビ収穫調製作業体系の作業性

服部, 育男  ,  高田, 雅透  ,  大野, 洋蔵  ,  境垣内, 岳雄  ,  鈴木, 知之  ,  神谷, 充

(67)  , pp.15 - 21 , 2018-03 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
ISSN:2432-8103
内容記述
飼料用として育成されたサトウキビ新品種 「KRFo93-1」 は南西諸島における飼料自給率向上に貢献できる品種として期待されている。製糖用サトウキビの収穫はケーンハーベスタが主体であり,普及台数も多いことから飼料用サトウキビの収穫機として有望である。そこで,ケーンハーベスタの改良と再切断装置の開発を軸とした飼料用サトウキビの収穫調製体系の開発に取り組み,その作業性を評価した。切断部の巻き付き防止を中心に改良したハーベスタ,フォレージハーベスタ,エレベータワゴンおよび細断型ロールベーラを組み合わせた再切断梱包システムを用い,2010 年 5 月は 3 筆(63.1a),2011 年 8 月は 4 筆(59.5a)での収穫を実施して作業時間を測定した。作業時間の項目ごとの構成比をみると,作業停滞をしめす待機時間は全体の 1 割から 3 割程度であった。待機時間のうち作業開始時の待機時間の割合はトラックで 34 ~ 41%,再切断・梱包で 54 ~ 88% であったことから,前日収穫物の調製作業を組み込むことで, 待機時間はトラックで 10% 程度まで,再切断・梱包で 5% 程度まで低減でき,その結果1日あたりの待機時間は 20~40 分となり,効率的に作業できることが示唆された。これらの結果をもとに処理量を試算すると,両年とも17t/ 日であった。以上よりケーンハーベスタ 2 台,トラック 2 台,拠点収穫システム,ホイルローダー 2 台の組作業で効率的に収穫・調製作業が可能であることが明らかとなった。Fodder sugar cane variety "KRFo93-1" is expected to contribute to improving feed self- sufficiency ratio in the southwest islands of Japan. The sugar cane har vester is the main implement for har vesting sugar cane in these areas. Therefore, we developed an ensiling system for fodder sugar cane based on improving the cane harvester and developing a chopping system. We used an ensiling system that in turn used an improved cane harvester, elevator wagon, chopping system constructed forage harvester, and roll baler for chopped materials. We also perfomed ensiling work on a demonstration scale, measured its work time, and evaluated its workability. In the truck and chopping system, the waiting time to exhibit work stagnation was 10 to 30% of the whole. The ratio of initial waiting time for harvesting was 54 to 88% in the chopping system and 34 to 41% in the truck. This suggests that waiting time can be reduced to 5% of the entire work time in the chopping system and to 10% in the truck, with chopping materials that were harvested the day before. The amount of harvest and preparation in one day (7 hours) was estimated 17 ton with both years based on these results. These results indicated that groups of two cane harvesters, two trucks, a chopping system, and two loaders can ensile effectively.
本文を読む

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=248&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報