紀要論文 イチゴ果実における見かけ弾性率の貯蔵,収穫時期による変化および遺伝資源評価

遠藤, みのり  ,  曽根, 一純  ,  藤田, 敏郎  ,  森下, 昌三

(67)  , pp.1 - 14 , 2018-03 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
ISSN:2432-8103
内容記述
イチゴでは,既報によれば見かけ弾性率,すなわち貫入試験において応力をひずみで除した値が貯蔵中における果実の日持ち性を表す良い指標であるとされている。そこで,イチゴ果実において見かけ弾性率に関する基礎的知見を得るため,見かけ弾性率の品種間差異や,貯蔵・収穫時期による変化,他の形質との関係性を調査した。見かけ弾性率は15℃,6 日間の貯蔵により低下したが,低下程度には品種間差異が認められた。また,2 月から 4 月にかけ収穫時期が 進むにつれても見かけ弾性率は低下したが,低下程度には品種間差異が認められた。貯蔵および収穫時期のいずれによる低下においても,見かけ弾性率は果実硬度よりも低下程度が明瞭である場合があり,日持ち性を評価する指標として有用であることが示唆された。ただし,4 月以降は,見かけ弾性率も果実硬度と同様に品種間差異の検出が困難となった。さらに,遺伝資源 48 点における見かけ弾性率を比較したところ,見かけ弾性率は果皮硬度と強く相関し,果皮硬度により 83.9% が説明された。本研究により,見かけ弾性率は果皮硬度によりある程度代替できるものの,日持ち性を評価する上では果皮硬度よりも適していることが明らかになり,利用が推奨されると考えられた。The apparent modulus of elasticity, stress divided by strain, for strawberries is a good index of storage quality, as indicated in a previous report. Therefore, we evaluated cultivar variations and differences in the way they respond to storage time and harvest period, as well as relationships with other traits, to obtain basic knowledge of the apparent modulus of elasticity of strawberries. The apparent modulus decreased during six days of storage at 15°C, and the extent of decrease differed among cultivars. Similarly, the apparent modulus of elasticity decreased over the harvest period, from February to April, and the extent of decrease again differed among cultivars. The apparent modulus of elasticity seems to be a good index of storage quality because it changes in a manner that is sometimes easier to discern than fruit firmness. However, neither the apparent modulus of elasticity nor fruit firmness differed among any cultivars observed after April. Furthermore, among the 48 cultivars studied, the apparent modulus of elasticity was higher in the Suzuakane and Morioka No. 24 cultivars than in Kurume No. 16. In addition, the apparent modulus of elasticity was an accurate predictor of fruit skin toughness 83.9% of the time. The present study confirmed that the apparent modulus of elasticity is more appropriate for evaluating storage quality even when it is substituted by fruit firmness to some extent. Our data suggested that the use of the apparent modulus of elasticity is recommended except for late spring.
2018.4.24 誤植の修正(p1. タイトルの"1)"を削除)
本文を読む

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=247&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報