Departmental Bulletin Paper 「日本のコムギコアコレクション」の作成と評価

小島, 久代  ,  藤田, 雅也  ,  松中, 仁  ,  関, 昌子  ,  蝶野, 真喜子  ,  乙部(桐淵), 千雅子  ,  高山, 敏之  ,  小田, 俊介

(1)  , pp.1 - 13 , 2017-07-31 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
ISSN:2432-8065
Description
遺伝資源の有効利用を目的として、これまでに多くの主要作物でコアコレクションの開発が行われてきた。近年のゲノム研究の進展などから、日本のコムギにおいてもコアコレクションの選定が強く望まれてきた。著者らは日本の在来品種と最近の育成品種の来歴情報をもとに96 品種を選定し、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)遺伝資源センタージーンバンクに「日本のコムギコアコレクション」として登録し利用できるようにした。これら96 品種について特性評価および育種上重要な形質を支配する遺伝子の遺伝子型の調査を行った結果を紹介する。
Core collections as a tool for eff ective utilization of genetic resources have been developedin many major crops. With the progress of plant genomics, the core collection of Japanesewheat varieties had been also required. The authors selected 96 varieties consisting of Japaneselandraces and recent breeding varieties based on their geographical and genealogical informationand registered them to Genetic Resources Center, NARO( NGRC) Genebank as ‘Japanesewheat core collection’. In this article, we report evaluation data, including some genotypesimportant for breeding, of the core collection.
Full-Text

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=122&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information