紀要論文 農業用ポンプ設備への状態監視診断技術の適用に関する研究

國枝, 正

(1)  , pp.31 - 78 , 2017-03-28 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
ISSN:2432-7883
内容記述
農業用ポンプ場は,農地ばかりでなく地域の用水および排水を担う重要な施設である。その多くが更新の時期を迎えているものの,ポンプ設備の劣化の進行を評価するための情報が不足している現状にある。本論文は農業用ポンプ設備を対象とし,ポンプ設備の突発的な故障を防ぐため,故障が顕著となる前に劣化の兆候を検出する技術の適用を図り,さらに,ポンプ設備の劣化状態を定量的な指標で機能診断する技術を確立することを目的として研究を行った。油中の金属摩耗粒子を監視項目とする潤滑診断は,農業用ポンプ設備の劣化兆候を振動法や温度法と比較してより早期に検出し,破損に至る前に異常の原因を判明して適切な対処を図ることが可能となることを示した。さらに,農業用ポンプ設備を運転管理する現場において異常発生に対して適切な処置を行うためには,従来方式の時間計画保全から,設備の劣化兆候を検出する潤滑診断を用いて状態監視保全に移行することが有効であることを示した。突発的な故障リスクを低減するための新たな機能診断システムを提案したことが特徴である。
Pump stations for irrigation and drainage are important structures that handle water for farmlands and the surrounding area. Many pump facilities must be periodically rebuilt. However, information to evaluate the progress of deterioration is presently lacking for pump facilities. This study dealt with plans for a technique to apply to detecting signs of deterioration in agricultural pump facilities before problems become serious. The number, form and sizes of metal wear particles in the lubricating oil were confirmed as appropriate for detecting signs of deterioration in the facilities.Therefore, the author proposed application of condition monitoring and diagnostic technologies as a basis for maintenance of agricultural pump facilities to prevent the progression of deterioration.
本文を読む

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=47&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報