紀要論文 春夏季に安定生産可能な短葉性ネギ品種 ‘ こいわらべ’ および‘ すずわらべ’ の育成経過と特性

若生, 忠幸  ,  山下, 謙一郎  ,  塚崎, 光  ,  藤戸, 聡史

(1)  , pp.5 - 21 , 2017-03-24 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
ISSN:2432-7859
内容記述
1)短期・省力的な栽培が可能で消費者ニーズにも合致する新しいタイプのネギとして普及が期待されているコンパクトネギの周年供給体制を確立し,需要の定着を図るため,春夏どり栽培に適応する短葉性ネギ新品種‘こいわらべ’および‘すずわらべ’を育成した.2)‘こいわらべ’は,細胞質雄性不稔の‘MSS-TA-4’を種子親,‘TAM-3’を花粉親とする一代雑種で2016年品種登録出願された.3)‘こいわらべ’は,‘ふゆわらべ’および‘ゆめわらべ’より抽苔開始期が遅く,9月中旬に播種した場合,ほとんど抽苔が発生することなく5~6月の収穫に至り,両品種よりも収量が多い.4)‘すずわらべ ’は,細胞質雄性不稔の‘MSN-TAM-1’を種子親,‘MSS-TA-4’の維持品種でもある‘TA-4’を花粉親とする一代雑種で2016年品種登録出願された.5)‘すずわらべ ’は,冬まき夏どり作型において‘ふゆわらべ’および‘ゆめわらべ’より葉鞘径が太く,襟部の締まりや形状の斉一性に優れ,秀品率,秀品収量が高い.6)両品種の葉身,葉鞘は,一般の根深ネギ品種より軟らかく,辛味程度の指標であるピルビン酸生成量は‘ ゆめわらべ ’並みに低い.
Bunching onion(Allium fistulosum L.)cultivars with short and thick leaf sheaths can be used for labor-saving soil hilling for blanching and reducing the growing period.They could also be adapted to consumer demands for palatable and easy-to-use applications.Two new cultivars suitable for spring and summer production weredeveloped.‘Koiwarabe’,a hybrid between ‘MSS-TA-4’ and ‘TAM-3’ is extremely late bolting and provided a high yield in May and June.‘Suzuwarabe’,a hybrid between ‘MSN-TAM-1’ and ‘TA-4’ exhibited vigorous growth during summer and yielded uniform products.Both cultivars exhibited low pungency and a soft texture.Thesenew cultivars could contribute to the year-round culture of compact bunching onions.
本文を読む

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=39&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報