Departmental Bulletin Paper イネいもち病菌およびカンジダに抗菌活性を有するディフェンシン蛋白質のカラシナ種子からの単離

提箸, 祥幸  ,  栃原, 孝志  ,  髙久, 洋暁  ,  矢頭, 治

(1)  , pp.13 - 24 , 2017-03-31 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization
ISSN:2432-8057
Description
カラシナは古くから食用・薬用として利用されてきた作物であり,その種子には抗菌作用を示す物質 が含まれている可能性がある.我々は,これまでカ ラシナ種子からイネいもち病菌を含む複数のイネ病原糸状菌に抗菌活性を示すディフェンシンAFP1 蛋白質を単離している.本研究では,AFP1 以外の新たな抗菌特性を有するディフェンシン蛋白質の単離 を試みた.ヒト病原菌のカンジダに対する抗菌活性を指標に,カラシナ種子から 3 種のディフェンシン蛋白質を単離した.そのうちの 1 つはAFP1 蛋白質であった.また,カラシナ種子のRNA を抽出しディフェンシン遺伝子の取得を試み,AFP1 遺伝子を含む 3 種のディフェンシン蛋白質をコードする遺伝子を取得した.取得した3種のカラシナディフェンシン遺伝子から予想される遺伝子産物は,単離した 3種のディフェンシン蛋白質の質量数と理論的に一致 した.単離した 3 種のディフェンシン蛋白質は,イネいもち病菌およびカンジダに対して抗菌活性を示 した.このことから,カラシナ種子より単離した 3 種のディフェンシン蛋白質は抗菌成分として利用で きる可能性が考えられた.
Brassica juncea crops have been used as eating and medical use for a long time. Antifungal things are included in the B. juncea seed. We have isolated defensin AFP1 protein indicating the antifungal activity against several rice pathogen fungi including rice blast fungus Magnaporthe oryzae. In this study, we tried to isolate new defensin protein with new antimicrobial characteristics. By checking the antifungal activity against human pathogen Candida albicans through the purification process, we finally isolated three defensin proteins from B. juncea seed. One of those was AFP1 protein. On other hand, three defensin genes including AFP1 were isolated from mRNA of B. juncea seed. The expected gene products theoretically accorded with a mass number of three isolated defensin proteins from B. juncea seed. The three isolated defensin proteins indicated antifungal activity against M. oryzae and C. albicans. Therefore, three defensin proteins isolated from B. juncea seed have possibility to use as antifungal agents.
Full-Text

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information