紀要論文 イネ稲こうじ病の薬剤散布適期判定システムの開発

芦澤, 武人

(1)  , pp.1 - 12 , 2017-03-31 , 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 , National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
ISSN:2432-8057
内容記述
イネ稲こうじ病の発生生態の解明とそれに基づく疫学モデルを作成し,「イネ稲こうじ病の薬剤散布適期判定システム」 を開発した.本システムのウェブプログラムにおいてアメダス地点,移植日,品種, 薬剤の種類と散布期間,土壌菌量を選択し,平年の出穂期までの積算気温等を入力して登録すると,薬剤散布適期開始日を含む防除に必要な情報が電子メールで配信され,薬剤散布の意志決定を支援することができる.現地圃場 10 地点における本システムの適合性を評価した結果,薬剤が散布された日は, 予測期間内あるいは実測の出穂期から計算した散布期間内に収まっており,本システムが実用上利用可能であることが示された.
A decision support system of timely application of fungicides against the false smut disease of rice caused by Ustilaginoidea virens was developed. The system provides e-mail alerts of optimal application timing by registering automated meteorological data acquisition system (AMeDAS) points, rice planting dates, rice cultivars, fungicides and their application period, rice false smut density in soil, cumulative temperatures of heading dates in the system website. Availability of the system subjecting 10 field trials indicated that this alert information is useful for control of the false smut disease.
本文を読む

https://repository.naro.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報