Departmental Bulletin Paper 未来を変えるゲノム編集
A versatile technology for targeted genome editing has an impact on our lives.

前原, 佳代子

14 ( 1 )  , pp.1 - 8 , 2017-06-30 , 畿央大学
ISSN:1349-5534
NCID:AA11989647
Description
ゲノム編集とは、動物や植物、培養細胞において、ゲノム上の標的遺伝子の破壊や一塩基置換、レポーター遺伝子のノックインなどを可能にする遺伝子改変技術である。核酸を切断する酵素(ヌクレアーゼ) により二本鎖DNAを切断し、それに続く修復反応によって遺伝子改変を行う。広範囲にわたる生物種に利 用でき、これまでの遺伝子組換えによるモデル生物・モデル細胞の作製に比べて簡易で効率よく遺伝子の改 変ができるため、生命科学の基礎研究、医学研究、産業への利用と様々な分野で急速に広まっている。本稿 ではゲノム編集の基本的な原理、研究・医療・産業での利用、利用に際しての倫理的な問題について解説する。
Full-Text

https://kio.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information