Departmental Bulletin Paper 量子力学における代数構造2

小林, 健一郎

Description
前論文では、ハイゼンベルグ代数の拡張が得られるポテンシャルを考察した。本小論では、正弦(余弦)関数からなるポテンシャル代数が有限になるものが見つかったので紹介する。
Full-Text

https://shizusan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1494&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information