Departmental Bulletin Paper 粘土を活用した幼児教育の可能性― 保育者養成の視点から ―
Feasibility of Early Childhood Education through Clay Arts- From the Perspective of Nursery Teacher Training-

三上, 慧

(38)  , pp.135 - 151 , 2017-03-31 , 湘北短期大学
ISSN:0385-9096
NCID:AN00116727
Description
幼児教育における「造形」の本来の目的は、表現技法の習得を促すことではない。本研究者自身は、担当授業「造形」の前期に取り組む課題「テラコッタ粘土制作」において、幼児が試行錯誤を通して自らつくる喜びや発見の驚きを体感し、表現する上での創造力を育むことを重要視した保育支援の在り方を考えている。本研究では、粘土を活用した幼児教育の可能性について、学生を対象としたアンケート調査を基に、彼らが志望する保育士・幼稚園教諭に求められる職能との関わりに着目しながら論考する。
Full-Text

https://shohoku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=906&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information