紀要論文 地域活性化に向けた JR 常磐線特急料金制度に関する試案
The Tentative Proposal of the Limited Express Charge System on the Joban Line for Regional Activation

大塚, 良治

(38)  , pp.63 - 76 , 2017-03-31 , 湘北短期大学
ISSN:0385-9096
NII書誌ID(NCID):AN00116727
内容記述
本論の目的は、東日本旅客鉄道(JR 東日本)による常磐線特急料金変更の動機を解明し、同社の利益増加と地域活性化の両方を実現する方策を提示することである。常磐線特急料金変更は、割安な特急定期券の廃止を伴ったことから、沿線自治体および消費者の反発を招いた。JR 東日本は特急料金収入の増加を狙い、特急定期券の廃止を断行したが、特急定期券の復活こそが同社の利益増加と地域活性化につながる。政府は消費者保護を図るため、鉄道事業法を改正するとともに、鉄道事業者もステークホルダーと連携して魅力的な街づくりに向けて共働することが求められている。
本文を読む

https://shohoku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=900&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報