Departmental Bulletin Paper 脳の活動とこころをかさねて観るコミュニケーション支援の可能性について

小林, 貴代  ,  正吉, 貞雄  ,  伊津野, 徹}酒匂 泰智  ,  高延, 政之

Description
筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis: ALS)患者の中には、筋肉の麻痺による意思の表出方法を失うことで、最小限のコミュニケーション状態(minimal communication state: MCS)から完全封じ込め症候群(Total Locked in State: TLS)に移行する症例が報告されている。MCS・TLS患者のコミュニケーションツールとして、脳波・脳血流量・眼電・筋電・微細生体電位などの出力を備えた最先端技術の入力センサーがある中、生活場面で家族が容易に入手・使用できる機器の開発や展開が求められている。今回、簡易脳波計「こころかさね」が、集中とリラクゼーションのセルフコントロールによる、簡易呼び出し装置(コール)などに活用できないかと考え、予備研究を行った。「こころかさね」のソフトにある訓練用ゲームを導入して、医療系大学生などの健常者において、脳波のセルフコントロールがどの程度可能であるのかを試みた。
The aim of this study is for understanding the activity of daily life through “kokoro kasane”. To assess( understand/realize) their ADL status, we provide “kokoro kasane” for ALS patients whether they are able to express “YES or NO” and to use simplifies nurse calling devices. In addition, we provide “kokoro kasane” for the patients who hasn’t been diagnosed TLS yet, to investigate the pattern of EEG activities. Simultaneously, we investigate healthy individuals using a training game which is included as a program in “kokoro kasane”, whether participants can control their EEG through playing the game.
Full-Text

https://morinomiya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=111&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information