紀要論文 ゲノム医療におけるがんの遺伝子診断

森, 誠司

内容記述
我が国の死因の第1位はがんであり、がんは国民の生命と健康を脅かす重大な問題である。ゲノム医療がいよいよ臨床応用の段階を迎えているが、その最も近い領域にがんが挙げられる。政府は、本年度発表したがん対策に向けた取り組みのひとつとして、ゲノム情報を活用し個々のがん患者に最適な医療を提供するための体制整備を進めるとしている。近年、がん診療における遺伝子検査は、分子標的薬の適切使用のために行うバイオマーカーの測定いわゆるコンパニオン診断として大きな役割を果たしている。臨床への次世代シークエンサーの導入が現実的なものとなり、ゲノム情報が容易に入手できる環境が整いつつあることから、がん診療は更なる進化を遂げようとしている。本稿ではがん診断における遺伝子検査の現況を紹介し、今後ゲノム情報ががん診療にどのように活用されていくのか、その展開について考える。
In Japan, leading cause of death is cancer since 1981, thus cancer is one of the most major issue to be resolved to protect the lives and health of citizens. The Japanese government announced the Phase Three Basic Plan to Promote Cancer Control Programs in October 2017. One of the aims of the plan is practical application of cancer genomic medicine to provide optimized medical care for individual cancer patients.During the past two decade, a tremendous amount of human genomic information that can be used for prognosis and therapeutic management has been revealed, and innovative sequencing technology, namely next-generation sequencing has been developed that provides with the ability to collect large amounts of DNA sequence data rapidly. These genomic research and innovation are having a huge impact on many aspect of medicine, and about to be deservedly utilized for cancer diagnosis. This review summarizes current cancer genetic testing with a focus on companion diagnostic testing for molecular-targeted anticancer drugs, and based on the fact, discusses recent progresses and challenges of genomic medicine on cancer diagnosis in Japan.
本文を読む

https://morinomiya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=106&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報