Departmental Bulletin Paper 英語学習者コーパスを用いた基本動詞を含む定型表現の習得に関する基礎調査

村木, 恭子

Description
2種類の英語学習者コーパス(JEFLL(Japanese EFL Learner)Corpus, The ICNALE (The International Corpus Network of Asian Learners of English))を用いて、基本動詞(have, take, get, make, go, come, give)を含む定型表現の習得状況を調査した。調査の結果、定型表現は早い段階で習得しているものの、種類・量共に限定的であることが分かった。本調査では、学習者の習熟度や、コーパスのテーマなど細部の統制がとれていないという課題が残る。また、学習者が本当に定型表現の意味を理解しているのか、使用の面での調査が必要になってくると考えられる。
Full-Text

https://ohka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=60&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information