紀要論文 幼稚園でのムシ捕りにおける幼児の人間関係に関する研究

金森, 由華

内容記述
幼稚園で好きな遊びの時間に、ムシ捕りをしている幼児に注目し、人間関係にどのような学びがあるかを明らかにするために、ムシ捕りの12事例を、「人間関係を理解し調整する力」21項目の「学びの評価言語」として分類した。事例別と学年別に分類した結果、「思うようにならないことを経験する」、「自分がされて嫌なことは、そのことを態度や言葉で説明する」「仲間のトラブルに介入したり、関係を調整したりする」など「嫌なこと」を経験したり解決したりすることに関する項目が多く該当していることが示された。ムシ捕りは複雑なルールや明確なルールがなく、単純にムシを捕まえる遊びであるからこそ、ムシの所有権を争うなどのトラブルになりやすく、幼児は「嫌なこと」に対し、どのように他者と調整するのかの学びがあることが示された。
本文を読む

https://ohka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=50&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報