紀要論文 幼小接続を見据えた教員養成の在り方に関する研究―幼稚園教諭及び小学校教諭免許取得を目指した教育実習指導の課題と展望―

松永, 康史  ,  森川, 拓也  ,  田端, 智美  ,  上村, 晶  ,  北島, 信子  ,  辻岡, 和代

内容記述
2017年3月に改訂された幼稚園教育要領及び小学校学習指導要領において、今まで以上に幼児・児童の学びの連続性を視野に入れた幼小接続の重要性が強調された。本研究では、幼稚園教諭免許及び小学校教諭免許を取得するための教員養成の在り方を再考し、学生の総合的な学びの在り方について教育実習指導担当教員間が協働的に検討しながら課題を見出すと同時に、今後求められる教員養成の在り方を踏まえた教育実習指導の展望について考察した。各実習担当者における課題の検討を通じて、幼稚園及び小学校での教育実習生が互いに教育の在り方について理解を深めるような機会を提供し、円滑な接続に向けた実践的検討や意見交換の必要性が示唆された。今後の課題として、各教員がそれぞれの立場や専門性を発揮しながら実習指導を展開する中で、「幼小接続期の“接面における学び”をどのようにつないでいくか」ということを再考していくことが重視される。
本文を読む

https://ohka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=49&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報