紀要論文 学校における情報機器の活用と課題について

北島, 信子

内容記述
授業づくりにおいて重要なことは、教育メディアが主体になってしまうということではなく、教師の授業観や評価観である。教師の授業づくりを具現化する一手段が、教育メディアであるといえる。本稿において、そのような授業づくりの一助となり得る現代の情報機器の活用方法とその課題について考察する。現代の学校における情報機器として、電子黒板、デジタル教科書を取り上げ、その情報機器を使用した授業事例を考察し、活用方法とその課題を明らかにした。具体的な活用課題から、やはり授業を設計するのは授業者であるということ、そして、その授業は教師や教師集団だけでなく、学習者とともに創るのだということが明らかになった。多くの事例から、自学自習や協働性への学習者の生き生きとした取り組み、授業者のねらいや願いを読み取ることができた。
本文を読む

https://ohka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=46&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報