Departmental Bulletin Paper 第 67 章 児童虐待予防対策および養子縁組改革法 ──米国合衆国連邦法 第42条 公衆衛生と福祉──

上野, 善子  ,  國廣, 敏文

Description
本稿は、米国合衆国連邦法である児童虐待予防対策および養子縁組改革についての翻訳である。米国では 1978 年、当法の最高執行責任者であるモンデール上院議員により、児童虐待予防対策法(Child Abuse Prevention and Treatment Act; CAPTA, Public Law [PL] 93‒247)が制定された。親が子どもの取り扱いを誤った場合に、parens patriae(パレンス・パトリエ;国親主義) の概念に基礎をおいて介入することができる(上野 2012, 56‒57)。その後、当時の社会状況や政策に応じて、本法は複数回に渡り修正と改正を行っているが、本稿で取り上げる Child Abuse Prevention and Treatment Act and Adoption Reform of 1978は、米国で行われていた里親制度について、当時の子どもの社会的養護のあり方の反省から、パーマネンシー・プランニングについて規定された連邦法である。(情報公開版について、①キーワード:第 67 章第 42 条、②はじめに: 1978 年、の誤植二点の修正版を公開しています。)
Full-Text

https://ohka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=31&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information