紀要論文 「子どもの貧困」に対する保育者の役割

原田, 明美

内容記述
「子どもの貧困」が今、クローズアップされている現在、保育所の役割・保育者の役割を考察した。第1章では乳幼児期の子どもの貧困の現実と家庭の役割、貧困がその後の子どもの人生にどのような意味を持つことになるかを考察し、第2章では、今取り組まれている保育所での「子どもの貧困」の事例を通して、まず気づくこと・想像することの必要性とその実態や保育や保育者に求められることを考察した。第3章では、保育ソーシャルワーカー設置の必要性を述べた。以上を通して、「子どもの貧困」に対する保育者の役割を考察した。
本文を読む

https://ohka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=27&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報