紀要論文 「チーム学校」と地域との連携・協働の課題について

金子, 晃之

内容記述
" 本論は、2020年(平成32年)に向けた大きな教育改革の政策的意図と要点を整理し、その課題を考察することにある。そのため本論では、2015年12月21日中央教育審議会は三つの答申である『チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について』、『新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について』、『これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について~学び合い、高め合う教員養成コミュニティの構築に向けて~』、そしてこれら答申を進めるためのグランドデザインである2016年1月25日の中央教育審議会答申『「次世代の学校・地域」創生プラン~学校と地域の一体改革による地域創生~』の内容を整理し、政策的意図とその要点、課題を考察している。"
本文を読む

https://ohka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報