紀要論文 近現代ドイツにおける国家と憲法の相剋関係 : それと相連関する憲法・国家概念の変容過程を中心とする一考察
A Study on the Transformation of the Constitution- and State-Concept correlated with the Liberal Democratization in Modern Germany

安, 章浩  ,  Yasu, AKIHIRO  ,  尚美学園大学総合政策学部  ,  Shobi University

24pp.145 - 192 , 2017-06-30 , 尚美学園大学総合政策学部総合政策学会
ISSN:13497049
NII書誌ID(NCID):AA12006349
内容記述
グローバル化の始まりと共に「国家の退場」が叫ばれ、それと関連して政治分析における国家概念の有意性も失われて行った。こうした傾向は日本にも顕著に見られたが、西独はやや事情が異なっていた。国家概念の有意性の喪失は勿論グローバル化との関係も一部見られるが、主として西独の西欧的な自由民主政体制への転換に起因するところが大きいと見られる。19世紀末から20世紀前半期にかけてドイツでは国家学が政治研究の支配的な学問として君臨し、国家概念が有意性を有していた。それは、「人権」を重視する西欧的な政治学に対する、「行為する主体」としての国家を至上視する後発近代国家のドイツ的な自己主張の表れであったとも見られる。「人権」重視の近代憲法理念とドイツ的国家との戦い、つまり近代憲法理念と国家の相剋関係は、ナチ国家の消滅まで続いたドイツ近現代政治史を貫く赤い糸であった。この両者の関係は憲法概念と国家概念の変容過程において反映されていた。換言するなら、憲法の挑戦を受けた国家側の対応の変化に応じて憲法概念はドイツでは改変され、それと相連関して国家の多様な側面も顕在化した。この変化はまた国家概念の多様な定義となって表れた。それは、国家学が政治分析において国家概念の有意性を高める試みでもあったと見られる。本稿では、憲法概念と国家概念の変容過程を追跡することによって、西独でボン基本法体制確立と共に、西欧的な近代憲法理念によるドイツ的国家への「浸透性」の拡大とナチ国家の敗北による西欧化の結果として、ドイツのレヴァイアサンの死を迎えた過程を明らかにした。それと共に、ドイツでも国家概念の優位性が失われ、それと共にドイツ国家学の影響力も衰退した。こうして、西欧化された世界では、政治研究においては、国家概念よりも権力概念や政治過程論、政治システム論の方が有意性をより多く有するようになった経緯をも明らかにした。
It is generally said that the retreat of the state begins with the advent of economic globalization, and with that the state-concept also begins to lose its relevance in the political study. This tendency is seen in Japan. But regarding this tendency, the situations are defferent in West Germany. The reason why the relevance of the state-concept declines can certainly be found partly in the retreat of the state, but besides there is an another main reason that has a close relationship to the establishment of “liberal and democratic basic order” in West Germany. During a half century untill the end of Weimar Republic, “Staatlehre” (the theory of state) is a dominant discipline in the political study in Germany. Staatslehre is considered as the expression of German-specific self-assertion that places a great value on the state as “acting entity” against the Anglo-American science of politics that considers the fundamental human rights as the highest value. The idea of modern constitution which represents western value has been penetrating into the German body politic with the expansion of prevailing western capitalism. This conflict between the idea of modern constitution and German state was continued untill the disappearance of Natistate.By the way, in Gemany this conflict involved Staatslehre in its academic endeavor to enhance the relevance of the sate-concept for legitimating German state’s struggle to tackle constituitional problems. One may notice that this movement brought about the transformation of constituition- and state-concept. In this thesis I would like to clarify the reason why the idea of modern constituition can prevail against German state in West Germany by tracing the process of transformation of constitution- and state-concept. And through this exploration I also would like to focus attention on the fact that the victory of the Anglo-American idea of modern constitution means the death of German Leviathan and with that German theory of the state also has lost prominent position in the political study.
本文を読む

https://shobi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=607&item_no=1&attribute_id=41&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報