紀要論文 海外活動キャリアをもつ日本人ダンサーとコレオグラファーの関係を中心とした事例研究 : ダンスカンパニーへの所属を通して
Study of Relationship between the Japanese Dancers with overseas Career Experience and their choreographers : Through the belonging to the dance company

三輪, 亜希子  ,  Akiko, MIWA  ,  尚美学園大学芸術情報学部舞台表現学科

26pp.71 - 84 , 2017-03-31 , 尚美学園大学芸術情報学部 , 尚美学園大学大学院芸術情報研究科
ISSN:18825370
NII書誌ID(NCID):AA12312312
内容記述
20 世紀の舞踊はヨーロッパを中心に展開し、日本にはプロ制度がほとんど無いことからダンサーは海外へと渡っているといっても過言ではない。中でもピナ・バウシュやモーリス・ベジャールといった20 世紀の舞踊史に改革をもたらした「巨匠」の下で直接創造活動を共にした貴重な経験をもつダンサーがいる。本研究では、20 世紀の舞踊の偉大なコレオグラファーの下で、ダンサーとしての第1ステージを体験した日本人ダンサーを対象にした。彼らへのインタビューデータに質的研究による分析手法を当て、ダンサーの心理や感覚を考察する。
20th Century Concert Dance expanded mainly in Europe, and there is no system of professional dance company in Japan. There are the Japanese Dancers with overseas Career working together with the greatest and most well known world choreographers of 20th Century Concert Dance. The purpose of this study was to extract keywords that describe psychology and sense of that dancers through the researcher’s interviews with them. Furthermore, It became apparent that the dancers regarded the past as an era where 20th Century Concert Dance was characterized by the great symbiotic relationship between the dance companies that created the performances and the choreographers that lead such performances.
本文を読む

https://shobi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=593&item_no=1&attribute_id=41&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報