Departmental Bulletin Paper 棋譜データの統計解析に基づく勝敗判別手順と感想戦解説方法の提案
A procedure of statistical discriminant analysis of winner of shogi games and a method for illustrating shogi games

華山, 宣胤  ,  野上, 竜一  ,  鷲津, 昂大  ,  Nobutane, HANAYAMA  ,  Ryuichi, NOGAMI  ,  Akihiro, WASHITSU  ,  尚美学園大学芸術情報学部情報表現学科  ,  尚美学園大学芸術情報学部情報表現学科  ,  尚美学園大学芸術情報学部情報表現学科学生

26pp.29 - 38 , 2017-03-31 , 尚美学園大学芸術情報学部 , 尚美学園大学大学院芸術情報研究科
ISSN:18825370
NCID:AA12312312
Description
棋譜は、特殊な質的変量からなる時系列データであるが、その表記方法複雑なもので、将棋の初心者が対局全体の流れを一目で把握することは難しい。そこで本報告では、棋譜データを統計的に分析するために、各局面における駒の配置を特徴づける指標として、歩の置かれている段の平均と分散、歪度、そして金銀桂が動いた数を提案し、勝敗判別分析の結果からこれらの指標が有用であることを示す。また、これからの将棋研究では、人間に勝つためのソフトウェア開発より、エンターテインメントの可能性を広げる研究が注目さえるようになると考えられる。そこで、判別分析から算出される判別得点を用いて、感想戦など既に終了した対局の各局面において、どちらの指し手が優勢であるか、勝負の分かれ目はどこにあったか、を解説する手法を、筆者らが開発したソフトウェアを用いて紹介する。
Record of a game of shogi (Japanese chess) is special format of time series data. Because of its complexity, it is not easy for amateur or non-players of shogi to grasp or understand overall shogi games from it. In this study we suggest averages, variances and skewness of row numbers where pawns are put, and numbers of times gold and silver generals and nights moved as indices indicating features of phases of shogi game, and emphasize the usability of them by showing a result of discriminant analysis for winner of shogi game based on actual data for them. Meanwhile, in the recent study of shogi game, aspects of entertainment is received more attention rather than development of computer software to defeat human. So a method and a software for illustrating which player is advancing on every stage and decisive stage of games is suggested.
Full-Text

https://shobi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=590&item_no=1&attribute_id=41&file_no=1

Number of accesses :  

Other information