紀要論文 比較の輪郭と等価性問題
The Contours of Comparison and the Problems of Equivalence

大木, 啓介  ,  Keisuke, OOKI  ,  尚美学園大学総合政策学部

内容記述
この研究ノートでは、まず、データ行列の論理に焦点を据えて、比較の輪郭を粗描する。次いで、この輪郭に即して旧来暗黙の裡にでも設定されてきた仮定条件を「等価性」前提として三項目ほど摘出し、それに伴う問題を吟味する。すなわち、(1)分析単位相互間の「等価性」前提に由来する問題、(2)発展過程相互間の「等価性」前提に由来する問題、(3)分析属性相互間の「等価性」前提に由来する問題、これである。いわば覚書として本稿の意図するところは、ただ一点、比較政治分析における年来の課題に注意を喚起し、比較の「限界」を糺すための膳立てをおこなうことにある。
This paper first sketches out the contours of comparison through bringing the configurations of properties/variables, the spacial and/or temporal dimension and the formation of a matrix of data into focus. Thereafter, three modes of EQUIVALENCE PROBLEM in Cross-National Analysis are discussed. The purpose of the paper is to call attention to the core unsolved problems, which might be the serious limits of comparative research in the course of time.
本文を読む

https://shobi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=587&item_no=1&attribute_id=41&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報