紀要論文 情報リテラシーで始める株式投資のスウィングトレーディング
An Introduction to the Swing-Trading of Equity Investment by Using Information Literacy

川本, 勝  ,  Masaru, KAWAMOTO  ,  尚美学園大学総合政策学部非常勤

内容記述
単純な「局所的な極小値で買い、極大値で売る」手法のみを用いてNISAの初心者が株式投資するための方法改良について調べた。この手法は株式投資の業界では「スウィングトレード」と呼ばれている。この論文では、「株は買値以下では売られない」という新たな条件を追加した。その結果、前回の論文(川本勝2016b)に比べて、成功率の全てパラメーター(平均値と最大値、最小値、中央値)が改善した。この改良された方法によれば、平均的には3 ~11%程度の成功率を得られ、最大で34.6%の成功率を得ることが出来た。しかし、売買回数を増やせば成功率が改善することは解ったが、その改善方法は未だ何も見出せなかった。これは、今後の研究課題である。なお、この結果が東京証券取引所に上場している全ての企業について同様に当てはまるかどうかは、別途、調査が必要である。これらの結果は、筆者が既に発表している4 本の論文(川本勝2014、2015、2016a、2016b)の結果とも矛盾しない。
It was investigated about a “method improvement” of equity investments for beginners of NISA by using only a simple “to buy in the local minimum value, to sell at the maximum value” method.This method is called “swing trade” in the stock investment industry.In this paper, it was added a new condition that “Stock is not sold below the purchase price”.As a result, all parameters (Average value and maximum value, minimum value, median value) of success rate were improved in comparison with those of previous paper (Kawamoto2016b).According to this improved method, it was obtained a success rate of about 3 to 11% on average, and a maximum success rate of 34.6%.However, although it was found that the success rate is improved by increasing the number of trading times, it was not found any improvement method yet.This is a future research topic.Furthermore, another inspection is necessary separately whether this finding comes under equally about all companies listed on the Tokyo Stock Exchange.This result is consistent with the results of the 4 papers that the author already published (Kawamoto 2014, 2015, 2016a, 2016b).
本文を読む

https://shobi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=582&item_no=1&attribute_id=41&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報