紀要論文 比較民主化研究における移行パラダイム論争の一断面
Comparative Democratization and Transition Paradigm : Some Remarks on the Debate Between Transitologists and Area Specialists
ヒカク ミンシュカ ケンキョウ ニ オケル イコウ パラダイム ロンソウ ノ イチ ダンメン

大木, 啓介  ,  Keisuke, OOKI  ,  尚美学園大学総合政策学部

内容記述
本稿は、二十世紀第4 四半期に比較政治学のなかで「成長産業」と目されるに至った比較民主化論に焦点を据え、この研究分野で際立たされた一般化論者と個性化論者との論戦を吟味する。意図するところは、この論戦を通じて浮き彫りにされた一般化の信奉者と独自性の信奉者との相対立する主張を整序して、比較民主化論の態様を明らかにすると共に、「法則定立- 個性記述」論争の解明に多少とも資する素材を提供することにある。そこで先ず、比較民主化論がいかに展開してきたかを粗描して、移行論者(一般化の信奉者)と地域研究者(独自性の信奉者)との論戦の学説史的背景を概観する。その上で、この論戦がいかに交わされてきたのかを要約的に指摘して、移行論とその批判の輪郭を確認したい。
When high waves of democratization surged toward Eastern Europe and the Soviet Empire,the question was raised regarding whether the transition paradigm, derived largelyfrom the cases of South Europe and South America, could manage to retain its theoreticaland methodological capability. The subsequent disputes on this subject between generalcomparativists and area specialists have left their mark on comparartive democratizationstudies. In this paper the author traces the heated debate in terms of the nomothetic-idiographic divide. The aim is to evaluate the cases for and against the framework of transitology and in this angle draw a body of literature on transitions to democracy in profile.
本文を読む

https://shobi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=180&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報