Departmental Bulletin Paper 外国人旅行者の目に映ったカトリック両王期のスペイン : ヒエロニムス・ミュンツァーとアントワーヌ・ド・ラランを例に
Espana en la epoca de los Reyes Catolicos vista por los viajeros extranjeros. En caso de Jeronimo Münzer y Antonio de Lalaing
ガイコクジン リョコウシャ ノ メ ニ ウツッタ カトリック リョウ オウキ ノ スペイン ヒエロニムス ミュンツァー ト アントワーヌ ド ララン ヲ レイ ニ

関, 哲行  ,  セキ, テツユキ

1pp.437 - 467 , 2016-03
NCID:BB21040445
Full-Text

https://rku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6802&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information