紀要論文 高齢者における社会的紐帯と健康状態の関連への文化人類学からのアプローチ:秋田県男鹿市A地区B集落での予備調査から
コウレイシャ ニオケル シャカイテキ チュウタイ ト ケンコウ ジョウタイ ノ カンレン エノ ブンカ ジンルイガク カラノ アプローチ アキタケン オガシ Aチク Bシュウラク デノ ヨビ チョウサ カラ

田所, 聖志  ,  夏原, 和美  ,  田口, 貴久子  ,  柳生, 文宏  ,  秋田大学  ,  日本赤十字秋田看護大学  ,  男鹿市地域包括支援センター  ,  日本赤十字秋田看護大学

内容記述
保健分野のソーシャル・キャピタル研究では、ソーシャル・キャピタルの内実が地域毎に異なるにも関わら ずその内実が解明されず、またソーシャル・キャピタルと健康の因果関係が明らかにされないという2つの問題点 がある。本研究では、対象社会の社会構造の特徴を精査した上で、それが集団レベルの健康状態と結びつくメカニ ズムの解明を目指す文化人類学の手法を構想した。2015年4月から秋田県男鹿市A地区の住民を対象に行った現在 までの予備調査では、対象地域住民の間で社会的紐帯が強く、その背景に親族組織や農事勉強会などの社会組織が 関連するという手がかりを得た。本稿では現在までに得た予備調査データを参照しつつ本研究の構想を示す。
Many studies have been conducted using the concept of social capital in the field of health recently. These studies typically have two problems. The first is that they do not pay close attention to the actual situation of social capital, although there are real differences amongst communities. The second is that they do not discuss causation between social capital and health status. Thus, in this study, we utilize a cultural anthropological approach to investigate the relationship between the social structure and the health status of a given group, based on a survey of the characteristics of social structure in the subject community. The participants are located in the (A) district of Ogacity, Akita, where we have been conducting fieldwork since April, 2015. According to our preliminary fieldwork, we have discovered results, which suggest that the connection amongst the people was strong in the subject community, which has a relationship with social organizations such as a kin group, agricultural study meeting, and so on. In this article, we present our research framework based on data from our preliminary fieldwork.
本文を読む

https://rcakita.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=384&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報