Departmental Bulletin Paper フォレンジック看護に関するシミュレーション学修の視察報告
Skill training and simulations in forensic nursing : an observation report
フォレンジック カンゴ ニ カンスル シミュレーション ガクシュウ ノ シサツ ホウコク

山田, 典子  ,  YAMADA, Noriko  ,  日本赤十字秋田看護大学

Description
フォレンジック看護に関するシミュレーション学修について視察したので報告する。シミュレーションは、新卒や経験豊富な看護師の発達を促進し、学修、リテンション、全体的なパフォーマンス、およびコミュニケーションスキルを向上させることで注目されている。高性能および従来のマネキン等を用いたシミュレーションは、臨床現場で独自の実現可能性と使用目的に合わせて使い分けられている。フォレンジック看護の臨床家が最高の患者ケアを提供し、最初に安全な環境を促進しながら、被害者の法的、医学的ニーズに対応するためにシミュレーション学修が有益である。
The purpose of this paper is to provide information from my observation tour regarding skill training and simulation in forensic nursing in the United States. Simulations have been shown to improve learning, retention, overall performance, and communication skills as well as to foster the development of consistently competent new graduates and experienced nurses. High-fidelity and low-fidelity simulation have their own feasibility and usability in such clinical settings. It is imperative that forensic nurse clinicians provide the best patient care and address the legal and the medical needs of the victims while also promoting a safety-first environment.
Full-Text

https://rcakita.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=370&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

Number of accesses :  

Other information