紀要論文 モーツァルトの鍵盤楽器作品の演奏可能性を求めて : 歴史的楽器と現代楽器を用いて

久元, 祐子

51pp.381 - 389 , 2017-03-31 , 国立音楽大学
ISSN:02885492
内容記述
モーツァルト時代の鍵盤楽器の音色の特徴である透明感や軽やかさは、作品の個性に直結している。そのためモーツァルトのピアノ作品を現代のピアノで演奏する際、楽器の特性を生かした上で、当時の楽器のことをも考慮に入れたアプローチが望まれる。本論では、モーツァルト時代のフォルテピアノと現代ピアノとの違いについて奏者の立場から論じ、比較研究を行った。音量が増大し、残響も長くなった現代ピアノでモーツァルトの美学を再現するには、キーを押す深さを浅めにしたり、デュナーミクを繊細にコントロールするなど、様々な工夫が必要である。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報