紀要論文 声楽初学者も実演できる認知プロセス【Apply】についての考察 : 学生の観察力に応じた段階的指導アプローチ

山本, 真由美

51pp.271 - 276 , 2017-03-31 , 国立音楽大学
ISSN:02885492
内容記述
筆者は,21人の演奏系教師が行った『音楽大学のグループレッスンにおける思考力育成の取り組み』(中西編著,2016)の研究に参加し,教師がブルームの改訂版の6つの「認知プロセス」のひとつである【Apply】(実際にやってみる,手順を考えてやってみる)に,最も多く働きかけていることを知った。しかしながら,「声楽初学者」には,教師の模範どおりに模倣し実演することは,難しいと感じる学生が少なからずいる。よって,学生の各々の資質や学習経験に応じて,【Apply】できるようにするために,段階的指導アプローチが必要である。そこで,筆者は,学生のつまずきを見極め,学生が【Apply】をするための絶対条件である「観察力」に応じて,「言葉かけ」と「身体的アプローチ」を駆使したレッスンを実践している。そのために,「タオル体操」を考案し,効果を得ている。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報