紀要論文 和田寺にのこる「片桐寄進状」

片山, 正彦

(11)  , pp.241 - 246 , 2018-03-31 , 神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部
ISSN:18845487
内容記述
本稿は、兵庫県篠山市今田町の和田寺(わでんじ)が所蔵する「片桐寄進状」について、述べるものである。 平成28年(2016)11月、筆者は篠山市役所今田支所職員より翌29 年度の古文書講座の講師依頼を受け、その調査の一環として和田寺を訪れた。本稿において紹介する竪帳とそこに含まれる「片桐寄進状」は、これまでに行われた調査では紹介されていないものである。内容については、天正20年(1592)9月、秀吉の家臣である「片桐市正」且元が和田寺に宛て、寺の南北西方の「山鼻壱町」を限り、本尊へ寄進するというものである。同年には「文禄の役」が執行されたが、且元は9月中旬には釜山周辺に在陣していたという。且元が朝鮮へ渡海した正確な日付がわからないが、渡海の直前に発給したものかもしれない。本稿において「片桐寄進状」を検討することによって、これまで中世を中心に述べられてきたこの地域における和田寺の性格をより一層明らかにできるのではないかと思う。|This article is about Katsumoto Katagiri's letter of donation that is held by Waden-ji Temple in Konda Town, Sasayama City, Hyogo Prefecture. In November, Heisei 28 (2016), the author received a request from the Sasayama City Hall Konda branch officials for lectures relating to an old document course in the following fiscal year, and visited Waden-ji Temple as a part of the survey. The books introduced in this article and Katagiri's letter of donation contained therein have not been introduced in the surveys conducted so far. Regarding the contents, in September, Tensyou 20 (1592), Hideyoshi's vassal Katsumoto Katagiri was addressed to Waden-ji Temple, to the west of the temple, and had to go to the main honorific dormitory. The war of “Bunrokunoeki” was executed in the same year, but he was in the vicinity of Busan in the middle of September. Although I do not know the exact date when he went to Korea, it may have been issued just before the waters. I think that Katagiri's letter of donation can further clarify the character of Waden-ji Temple in this area, which has been described mainly in medieval times.
本文を読む

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=986&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報