紀要論文 大学や高校を中退することの「意味」―学生相談・教育相談・生徒指導場面から考える

永島, 聡

(11)  , pp.233 - 240 , 2018-03-31 , 神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部
ISSN:18845487
内容記述
高校や大学での相談場面において中退問題が扱われるとき、多くの場合、退学をいかに食い止めるべきかという観点から対応しようとする。しかし、退学はそれほど忌避すべきものなのだろうか。本稿においては、この問題をFrankl のロゴセラピー理論の枠組みから再検討した。そして、当該生徒・学生の人生にとって、中退が意味を持ってくることがあり得るのを確認することができた。|It is common (in Japan) for teachers or school staff to try to prevent students from leaving school when they are inclined to do so. Why is “dropping out of school” regarded so negatively? This article illustrates the positive sides of leaving school using the frameworks of Frankl’s logotherapy theory and concludes that “dropping out of school” has meaningful aspects in those students’ lives.
本文を読む

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=985&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報