紀要論文 日本における家庭支援の一起源-河田嗣郎の所説を中心に-

大城, 亜水

(11)  , pp.125 - 136 , 2018-03-31 , 神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部
ISSN:18845487
内容記述
本稿は、近代日本における女性労働論の史的検証を通して、その古典的価値から現代的意義を見出し、改めて今日の家庭支援のあり方への示唆を引き出そうというものである。そこで、家庭支援の初期形態を問いただす契機となった1920年代の女性労働問題に焦点をあて考察する。具体的には、女性労働の実態に精通していた河田嗣郎(かわた・しろう)の所説を取り上げる。河田は、当時の工業女性労働の視点から労働そのものの改革あるいはそれと関連する家庭支援のあり方の検討を行った。代表的な対策としては、男女平等を念頭においた「最低勞賃制の制定」や「同一様の仕事に對する同一様の報酬」、女性の職場環境の改善を目的とした「女子勞働組合」、託児所の必要性などが挙げられる。結論として、河田の所説は現在実施されている政策の先駆けともいうべきものであり、差し迫った今日的課題に対して深層から訴える有益な示唆を与えてくれているということができる。|The purpose of this study is to examine the origin of family support in Japan. We focus on the ideologies and thoughts regarding female workers’ problems in the 1920s. It is important to pay attention to Kawata Shiro, who was a leading thinker on the subject of the socioeconomic problems of female workers. Kawata conducted research on the living and working conditions of female workers in urban areas and proposed new policies to help them. His proposals included a minimum wage system and the establishment of trade unions for female workers in urban areas. Though his ideas were not implemented, it is possible to say that historical studies on Kawata's career provide useful suggestions about contemporary family support problems.
本文を読む

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=976&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報