Departmental Bulletin Paper 阪神・淡路大震災を経験した地域の介護施設での防災の取組に関する調査~災害時肺炎予防の観点から~

高藤, 真理  ,  高松, 邦彦  ,  中田, 康夫  ,  足立, 了平

(11)  , pp.117 - 124 , 2018-03-31 , 神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部
ISSN:18845487
Description
本研究の目的は、全国的にみて災害に関する意識が高いと思われる阪神:淡路大震災を経験した神戸市と震源地である淡路島の介護施設を対象に、口腔保健を含む、災害・防災に関する質問紙調査を実施し、今後発生する災害において避難所の環境を整備し、適切な支援を実施することによって災害関連死、特に肺炎をできるだけ少なくする方略を明らかにすることである。調査の結果、震災直後から継続的に実施できる体制・環境の整備は、震災から20年以上経過した阪神・淡路大震災の激震地区においても充分になされていないのが現状であった。したがって、災害時に福祉避難所にもなる介護施設からの災害時肺炎を防ぐためには、まず施設職員の認識を高めるような働きかけが必要であり、その結果他施設との協定などにより専門ボランティアなどのマンパワーを震災直後から施設外から動員し、相互に介護力を確保するための制度・環境を整備していくことが喫緊の課題であることが示唆された。|The Great Hanshin-Awaji Earthquake occurred in Japan on January 17, 1995. We report on disaster prevention that includes oral health in nursing facilities in Kobe city and Awaji Island. Although more than twenty years have passed since the earthquake, nursing facilities in the area have not been successful in preventing pneumonia during disasters. Therefore, to prevent pneumonia during disasters in nursing facilities, we have to build a system whereby we can obtain several professional volunteers or support for welfare evacuation centers for vulnerable people immediately after an earthquake has occurred.
Full-Text

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=975&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information