Departmental Bulletin Paper 幼児の移動運動における身体知発生分析 -定位感能力が運動結果に及ぼす影響について-
Analysis of Body Intelligence of Sense in Infant Movement. -The Effects of Spatial Orientation Capacity on Motor Outcomes-
ヨウジ ノ イドウ ウンドウ ニ オケル シンタイチ ハッセイ ブンセキ テイイカン ノウリョク ガ ウンドウ ケッカ ニ オヨボス エイキョウ ニ ツイテ

近藤, みづき  ,  Mizuki, KONDO  ,  神戸常盤大学教育学部こども教育学科・教育イノベーション機構

Description
本研究は、幼児の移動運動を課題として、動感創発身体知の一つである定位感能力が運動結果にどのような影響を及ぼすかを明らかにするために、移動運動を課題として園児の動感形態を発生論的運動学の視点から考察した。その結果、定位感能力が課題の達成に影響する可能性が見られた。定位感能力が十分に発達してないと、その後の運動スピードに影響が出ること、また運動開始時の姿勢の高低が運動結果に影響を及ぼすことが分かった。適切な運動投企が定位感能力に影響することが示唆された。
This study aimed to determine the effects of spatial orientation ability on task achievement from the perspective of "der Genesis der Bewegungsweise". The results revealed that orientation ability affects motor outcomes. The development of orientation capacity was found to affect subsequent motor speed, while posture height was found to affect motor outcomes. Additionally, it was suggested that the presence or absence of appropriate motor program affects orientation capacity.
Full-Text

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=502&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

Number of accesses :  

Other information