Departmental Bulletin Paper ピアノ教授法における音符を言葉にする試み -演奏技術向上への一可能性-
An Attempt at Verbalizing Notes in Piano Teaching Method -A Possibility for Improving Piano Performance Technique-
ピアノ キョウジュホウ ニ オケル オンプ オ コトバ ニ スル ココロミ エンソウ ギジュツ コウジョウ エノ イチ カノウセイ

戸川, 晃子  ,  Akiko, TOGAWA  ,  神戸常盤大学教育学部こども教育学科

Description
先行研究では、ピアノの練習において、楽譜からイメージし、物語をつけることが、学習意欲や音楽表現意欲の向上に有効であることが示されている。これを踏まえ、本稿は、効率的かつ効果的なピアノ教授法を模索する上での一助として、音符を言語化することが、ピアノ演奏技術向上に有効である可能性を示唆したものである。
Previous studies have proved that taking images from musical scores and creating stories based onthem helps improve motivation for learning the piano and musical representation. In this study, werecommend verbalizing each note to improve performance technique.
Full-Text

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=501&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

Number of accesses :  

Other information