紀要論文 腸内細菌と疾患 - 宿主を制御する常在細菌叢のバイオロジー
Enterobacteric flora and Diseases - Indigenous microbiota regulate the host health
チョウ ナイ サイキン ト シッカン ヤドヌシ オ セイギョスル ジョウザイ サイキン ノ バイオロジー

野村, 秀明  ,  Hideaki, NOMURA  ,  神戸常盤大学教育イノベーション機構(保健科学部医療検査学科)

内容記述
ヒトは決して単一な生命体ではなく、無数の細菌群と共存しており、それらは特徴ある常在菌叢を形成している。特に消化管内には、100兆個の細菌が常在し、重量は約1.5kg、細菌の総DNA量は宿主の100倍にも上る。これらの消化管内の細菌は他の微生物と共に腸内フローラを形成し、宿主と静的な平衡状態を保っていると考えられてきた。しかし近年、腸内細菌のDNA解析が進み、その再評価が行われるにつれ、宿主との関連性において、むしろ動的ともいえる作用を有し、腸内細菌に起因すると考えられる疾患は、消化器疾患にとどまらず、代謝疾患、免疫疾患、悪性疾患、さらには精神疾患にまで及ぶ証拠が次々と明らかにされつつある。腸内細菌は宿主の腸管内に共存し、ほとんど宿主の身体的、さらには精神的状態までにも影響を及ぼしている。本稿では、最近の腸内細菌研究を疾患との関連性について概説し、新しい治療応用(プロバイオテックスや糞便移植法)についても紹介する。
Human is not a uni-organism but an integrated multi-organisms with numerous microbiota distributed from skin surface to intraluminal mucosa of the body. The digestive tract, especially, contains totally one billion of bacteria, and the whole of them weighs over 1.5 kilogram. The total amount of enterobacterial DNA is almost hundred times more than that of the host. The enterobacteria form the flora with other indigenous microbiota of virus, fungus, and protozoas. It has been noted that human intestinal microbiota is in static and synergistic relationship with the host. But recent progress of the enterobacterial research with DNA analysis clarified the more dynamic and strong correlation between the flora and the host.Not only digestive diseases but metabolic, immunologic, cancerous, and mental ones can be attributed to the disorder of intestinal microbiota. In this paper, status quo of the microbiota investigation correlating with the diseases is reviewed and the new clinical treatment of probiotics, prebiotics and fecal transplantation are introduced.
本文を読む

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=497&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報