Departmental Bulletin Paper 英語絵本の中の認知的道具

脇本, 聡美

(10)  , pp.89 - 97 , 2017-03-31 , 神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部
ISSN:21884781
Description
子どもに英語を教える (Teaching English to young learners; 以下 TEYL) ために、英語絵本は効果的な教材であるということは、多くの教員も研究者も指摘している。英語絵本がなぜ、どのように効果的であるのかについて、本稿では、Kieran Egan の認知的道具 (Cognitive tools; 以下 CTs) を活かした教育という観点から明らかにすることを試みる。話しことばを豊かに発達させるCTs を含む英語絵本を取り上げ、具体的にどのようなCTs が絵本の中に埋め込まれているのかを指摘し、そのCTs がどのように話しことばを発達させるかについて、Egan の提唱する想像力を触発する教育法(Imaginative Approach; 以下IA)を基に、英語絵本のTEYL における有用性を明らかにする。| It is pointed out by many teachers and researchers that English picture books are effective materials for teaching English to young learners (TEYL). This paper attempts to show why and how English picture books are effective, based on the concept of cognitive tools (CTs) - found in Kieran Egan’s Imaginative Approach (IA) - in education. Specifically, I look at CTs embedded in certain picture books and demonstrate how these CTs foster oral language according to Egan’s IA. Thus, this paper aims to highlight the effectiveness of English picture books for TEYL.
Full-Text

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=404&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information