紀要論文 教職協働による教学マネジメント改革の理念構築~まなびの re:デザイン~

桐村, 豪文  ,  高松, 邦彦  ,  伴仲, 謙欣  ,  野田, 育宏  ,  光成, 研一郎  ,  中田, 康夫

(10)  , pp.23 - 32 , 2017-03-31 , 神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部
ISSN:21884781
内容記述
大学改革待ったなしの状況であり、その中で教職協働の必要性に対する認識が広まっている。今回、教職協働の取り組みを通じて本学の教学マネジメント改革の理念構築を行った。その結果、本学の建学の精神と「理性と感性を兼ね備えた専門職業人の育成」という言葉を核としながら「ときわ教育目標」を作成し、またそれをもとに「アドミッション・ポリシー」「カリキュラム・ポリシー」「ディプロマ・ポリシー」の3つのポリシーに加え、「アセスメント・ポリシー」ならびに我が国で初めて提唱することになった「ステューデント・サポート・ポリシー」を含めた5つのポリシー、さらには本学の学修全体をとおして獲得すべき力を具体的に列挙した「ときわコンピテンシー」からなる【まなびのre:デザイン】を構築するに至った。|This paper discusses idea-building through collaboration amongst faculty at institutions of learning. Particularly, as a case study, and in an effort to improve the management at our own university, we attempted to conceptualize this topic from the perspective of collaboration between academic faculty and administrative staff. We were able to evaluate the school’s management in its entirety, and developed a system of exercises to determine how management can improve with greater collaboration between academic faculty and administrative staff. This idea comprises of five policies, along with competency-based educational goals. The five policies are: the diploma policy, the admission policy, the curriculum policy, the assessment policy, and the student support policy. The student support policy is a novel and remarkable concept in the universities of Japan.
本文を読む

https://kobe-tokiwa.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=397&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報