紀要論文 中国人学習者の「なんか」の使用について
An analysis of Chinese learners' use of "nanka"

林, 筱

(17)  , pp.90 - 100 , 2017-03-31 , 平安女学院大学
ISSN:1346227x
NII書誌ID(NCID):AA11520700
内容記述
 日本人に多く使われている曖昧表現は、中国人学習者にとっては習得しにくい表現である。日本語の曖昧表現「なんか」に対して、中国人学習者はどのように理解し、使っているのかを明らかにするため、本論文はコーパス調査とアンケート調査を行った。調査により、中国人学習者の「なんか」の使用と日本語母語話者の使用と大きな差があることが分かった。また、「なんか」の各用法・機能から中国人学習者の認識様態と使用状況を詳しく分析してみると、中国語の「什麼」に対応できる代名詞の「なんか」の産出は学習者にとってはむずかしくないが、中国語の発話習慣であまり使われていない副助詞と前置きの「なんか」は学習者に口癖として使われたり、「あのう」のようなフィラー表現として認識され使われたりしていることも明らかになった。
For Chinese learners, it is difficult to acquire the ambiguous expression which is frequently used byJapanese. In order to verify how the Chinese learners comprehend and use these expressions, thepaper takes example of “nanka” and conducts an investigation on database and questionnaire. Theresult suggests that Chinese learners use the expression “nanka” quiet differently from native Japanese. An detailed analysis of every usage of “nanka” reveals the discovery: There’s a Chineseequivalent,“什麼”, of “nanka” when it is used as pronouns. Therefore, Chinese learners have no difficulty in using “nanka” as pronouns. However, when “nanka” is used as adverbial particles andintroductory remarks, there’s no such equivalent in Chinese. As a result, Chinese learners can’t understand it properly and they use these “nanka”expressions as pet phrases or fillers.
本文を読む

https://st.agnes.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2316&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報